<< ひらめきを行動に移すってこと | main | せかいはひろがっていくのだ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

2回目の「静養期間」

ふと取り出した煙草入れには昔もらった名刺が入っていた。わたしは当時「アート界」に確かに居たのだ、と、その面々を眺めながら思った。頑張ってたなあ、自分。

名刺は全部捨てたよ。いいタイミングなんだと思う。「やりたいこと」と「作品を売ること」が共存する方法が今はまだ見つからないからやりたいことをやる道を選んだ。ただそれだけ。

喩えば眼の余命宣告が出来て「ライブ撮れるのはあと5回」ってわかるならわたしは5つのバンドを1回ずつ撮るよりKN750Rを5回撮る。でも現実はそんなのわかんないから撮りたいバンドを撮っているうちにどれかひとつが「最後」になるんだろうし、やりたいようにやっているうちにどれがが最後の写真展になるのだろう。終わりがいつ来るかなんて知れないだろう。辞める気がないんだから。

ハロー、ハロー、昔の自分、未来の自分。
調子はどう?
わたしはあたらしいせかいを楽しんでいるよ。

| | 16:47 | - | - |

スポンサーサイト

| - | 16:47 | - | - |